義歯(入れ歯)の種類

義歯の種類により残存歯への影響が変わりますので

一般の保険診療で作られる義歯(デンチャー)は、針金で残存歯をつかむ構造になっているため、つかまれた歯(義歯を支える歯)は、歯周病や歯槽膿漏が進みやすく、清掃性が悪いため、虫歯になりやすいのです。
結局、義歯を支えている歯は遅かれ早かれ抜歯することになり、新しい義歯をまた作成しなければならないことが少なくありません。そんな悪循環を繰り返してどんどん大切な歯を失うことになります。

はらだ歯科ではただ義歯を作るのではなく、歯が抜けたり、虫歯にならないように、歯の保護を考え、さらには、その歯の寿命を延ばしながら 物理学的、生理学的に最善の義歯を設計し製作していきます。そんな夢のような義歯がスーパーモダンデンチャーであり、モダンデンチャーです。
義歯に使う材料、義歯の大きさ、強度、形など力学的に考えつくされた設計により噛みやすく長持ちします。

スーパーモダンデンチャーとは残存歯に負担をかけない残存歯に優しい義歯です。
針金で歯をつかむということをしないため残存歯に害を与えません。また、保険の義歯のように針金を使わないので見た目もスッキリ!違和感も少ないのが特長です。





ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーとは、部分入れ歯の金具(バネ)がない入れ歯(義歯)のことです。
金属製の金具がない為、審美的良く、金属アレルギーの心配がないので、金属アレルギーに敏感な方にお薦めです。
金属製の金具(バネ、止め具)の代わりに、プラスチック製の義歯床で義歯を支えますので薄く軽く、しなやかさを兼ね備え、尚且つ、非常に丈夫で、快適な入れ歯(義歯)です。しなやかさは、お口の中での安定を守ります。

また、金属の止め具のない入れ歯のため、入れ歯と目立たなく、審美的な面で非常に優れており、見た目が自然で美しい入れ歯です。

<ノンクラスプデンチャーの特徴>

● クラスプという金属の止め具のない(バネ)が全くないため、若く見え着脱が簡単。
● 金属のバネが無いので、審美的な面で非常に優れている
● 非常に丈夫で、割れにくい
● プラスチック製の義歯床で、アレルギー反応が少ない
● 薄く軽く従来の入れ歯の半分の重さです
● ガムや餅なども、入れ歯につきにくい



保険適用の義歯

● 部分入れ歯には必ず固定する金属製の金具(クラスプ)がある。
● 人工歯および義歯床(ピンクの部分)の素材はプラスチックのみ

<保険適用の義歯の利点>

● 治療費が安い  ● 完成までの工数が比較的短い  ● 壊れても修理しやすい



<保険適用の義歯の欠点>

● 義歯床の厚み  ● 金具が目立つ  ● 壊れやすい