削らない治療

削らない虫歯治療

** ドックベストセメント治療 **
ドックベストセメント治療とは。。。
現在の虫歯治療は、 多くの場合、虫歯はもちろんのこと、 健康な歯も削って治療をしています。
それは詰め物を入れたり、 かぶせて治したりするために 必要だからそのような治療になっているのです。
しかし、削った歯はもとにはもどせません。 削った部分が多ければ多いほど歯は弱くなっていきます。
また、ほとんどの場合、削って治した歯がまた虫歯になっていきます。
その理由は、顕微鏡レベルで歯を見てみると、 削った歯の部分の周りには、ひびがいっぱいできてしまっているからです。
この微小なひびの中には細菌が侵入してしまいます。 その結果また虫歯になってしまうということです。
ドックベストセメント治療では、 なるべく歯を削りません。 全く削らないで治すことも多いです。
具体的には、 虫歯を削って治すのではなく、 鉄と銅を主成分にした殺菌力のあるドックベストセメントを、虫歯に塗り込んでいきます。
その結果、その虫歯は殺菌され、 徐々に再石灰化という現象により、 カチンコチンに硬くなって治癒していきます。
殺菌され、再石灰化した虫歯部分は無害なものになるので、 削る必要がありません。 その結果、削らなくてすむ治療ができるというわけです。

ドックベストセメント治療のメリットは、以下になります。
・削らない
・痛くない
・麻酔しない
・神経とらなくてすむ可能性が高い
・歯の寿命が短くならない


bifore      ドックベスト治療後
治療前                 治療後


ドックベストセメント治療のデメリットは 保険が効かないことです。

ドックベストセメント治療は、 ただ虫歯を削らないで治すという治療ではありません。
虫歯になるには必ず虫歯になる原因があります。 その原因にアプローチして、 根本的に 虫歯にならないようにしていきます。
口の中と、体全身は、別のものではなく 密接に相関関係があります。
つまり、口のなかだけ健康で、 体全身がボロボロとか あるいはその逆というのは ありえないのです。
そのため、ドックベストセメント治療をしていくと体全身の予防につながっていきます。
もうそろそろ歯をダメにする削る治療はやめにして、 真の健康につながる予防法をはじめませんか?
ドックベストセメント治療

原田式ブリッジ(削らないブリッジ)

はらだ歯科では無駄に削らないブリッジ治療を行っています。
全く削らないブリッジと歯のエナメル質の範囲で少しだけ削るブリッジがあり、それらは症例により選択されます。

いずれにしてめ従来の保険適用のブリッジに比べると極端に削る量が少ないブリッジです。
歯は通常、削れば削っただけその寿命を縮めてしまい、またその害も大きいです。
そのため、削らないブリッジはとてもメリットの大きい治療なのです。

なぜ全く削らない、あるいは削る量を極端に抑えてブリッジを作成することができるのでしょうか?なぜ、他の歯科医院ではできないのでしょうか?

はらだ歯科では技術を学び、習得しているので、それができるのです。また精密な鋳造技術が必要なので、それも他の歯科医院ではできないのかもしれません。それがスーパーモダンブリッジです。

多くの場合、歯を抜いたらたくさん削るブリッジかインプラントか義歯になります。インプラントもまわりの歯を削らずに済みますが、外科処置が必要なので、骨の状態によりできないケースも多いです。

その点、ブリッジは関係なくできます。あまり削らないでブリッジができるならインプラントより気軽にできます。治療はその内容をしっかり理解して納得してから行うべきです。
はらだ歯科ではインフォームドコンセントを重視しています。相談は無料です。わからないことは明快にお答えしますのでお気軽にどうぞ。

保険ブリッジ
スーパーモダンブリッジ(少し削る)
原田式ブリッジ(削らないブリッジ)