抜かない治療

□抜かない虫歯治療



虫歯が小さいうちはまだいいのですが、大きくなってくると神経(歯髄)をとらなければならなくなることがあります。
さらに根面齲蝕と言って歯の根っこに虫歯ができることもあります。虫歯が目で見える場所にある時は、簡単に取り去ることができますが、根面齲蝕の場合は、歯茎のなかに虫歯が埋もれてることも少なくありません。また、残根状態(C4)、歯根破折などは多くの場合、抜歯処置になります。

はらだ歯科では、そんな歯であっても救うことができます。外科的に歯肉や骨を整形したり、歯列矯正の技術を使ってリフトアップしたりして、その歯を使える状態にしてしまいます。


皆さん歯肉を整形すると言うとびっくりされますが、外科的な侵襲は小さく、処置後には、ほとんどのケースで出血はしていません。また、傷口はお薬のセメントでしっかりカバーしますので、痛みもありません。

この技術で多くの歯を救ってきています、他院で抜いてインプラントにしましょう。と言われた方には朗報です。

その歯。まだ抜かなくて済むかもしれませんよ。
相談は無料ですので、セカンドオピニオンだけでもどうぞ。。。

抜かない破折歯治療(折れた歯も抜かずに治療)